喫煙が企業にもたらすこと

社員の喫煙は、以下の3つの要素において競争力を弱めることになります。

■作業効率
喫煙者は血液中のニコチン含有量の減少により集中力を維持することができなくなります。 私の美容業界での経験の中で、スタッフの集中力を維持させるため、勤務時間中に喫煙をさせる対応を行っているケースを何度も見てきました。 これはスタッフ本人の能力の問題ではなく、中毒症状という病理的な原因によるものであり、結果的に社員の潜在能力を低下させています。

■施設効率
健康増進法の施行により、企業内の職場では分煙環境が必要になってきております。 しかし、美容事業においては、少しでもスペースがあるなら顧客へのサービスに当てるべきです。
採算性の理由から作業用のバックスペースも節約している時に、社員の喫煙場所に投資するのは利益を圧迫することになります。

■職場環境
喫煙習慣のある社員には喫煙のための場所が設置され、より頻繁に休憩が認められるということは、喫煙習慣のない社員から見ると不公平に感じる問題です。
「なぜニコチン中毒の社員だけを企業は優遇するのか」とアルコール中毒の社員が主張したら、従業員食堂の横に社員用のバーを設置するのでしょうか。 ニコチンが切れて集中できないという状況は、アルコールが切れて手が震えるという状況と差はありません。

全員が喫煙習慣のない社員で構成するA社と、全員が喫煙習慣のある社員で構成するB社が競争すると、B社は最初から不利な環境に置かれます。 人口が減少に転じ、本格的な淘汰の時代に突入し、企業が厳しい競争環境にさらされている時に、 わざわざ最初から不利な環境を受け入れるべきではなく、美容室ばら色めがねはA社を目指すことで自らを防衛する必要があります。 美容室ばら色めがねは、顧客にご満足いただき、効率的な運営をすることで競争力を身につけようとしている発展途中の組織です。 その構成員である社員の皆さんには、私たちの組織がより有利に戦えるようご協力いただきたいと思っております。

株式会社 ばら色めがね 代表取締役社長 高橋 謙

採用指針
面接時に、必ず、喫煙の有無を確認させて頂いております。
あなたが喫煙者である場合には、入社時にたばこを断つことを誓約して頂ければ、問題なく選考に進んでいただくことは可能です。
あなたは、たばこを断つ誓約をすることは可能ですか?Yes