Hair  Dr.ばら色くんが教えてくれる美髪講座

髪の毛って死んだ細胞なんですか?!

こんにちは♪

岡山市中区にある『髪と頭皮の専門店』ばら色めがねの

ばら色くんです☆

%e3%81%b0%e3%82%89%e8%89%b2%e3%81%8f%e3%82%93%e4%b8%89%e9%a0%ad%e8%ba%ab

 

 

【髪の毛は死んだ細胞だから・・・】

という事をよく言われるのですが、

じゃぁ、なぜ伸びるの??

って思いませんか|д゚)??

 

これって、ちょっとしたホラー??(笑)!!

 

人形の髪が伸び続ける・・みたいな。

 

【死んだ細胞ではなく、角質化した細胞】

死んだ細胞というのは、角質化した細胞のことで、活動期を終えたものという意味。

 

皮膚であれば、角質化した細胞はターンオーバーによって剥がれおちるのですが、

髪の毛は生え替わるサイクル(毛周期)が2~6年と長いのです。

 

この間、毛根でどんどん作られる細胞により、どんどん押し上げられていき、髪の毛が伸びるのですね。

(ホラーじゃなくてよかった~(笑))

 

 

【髪の毛の主成分はたんぱく質】

髪の毛の主成分はケラチンというタンパク質です。

毛髪が作られる段階でケラチン分子がビッシリと結びついて、毛髪に性質を与えます。

いわゆる、髪のコシや柔軟性というのは、このケラチンによるのです。

 

という事は・・・

生えている段階で、

〇艶があって、張りがあって、潤いがある髪の毛
 
×艶がなく、ハリコシがなく、パサついている髪の毛

 

髪の毛が生まれ変わる2~6年の周期の間

ずっとその状態のまま・・・って事なんですよ~(;´・ω・)(;´・ω・)(;´・ω・)!!!

 

【だから・・・】

後付けでトリートメントを繰り返すよりも

生えている段階で元気になるお手入れが必要ってことなんですよ~(^_-)-☆